輝く

赤くなってしまう原因

ニキビの周りが赤みがかっている原因は、顔の毛細血管が拡張していることになります。
毛穴に汚れや皮脂が詰まることで発生するニキビですが、これはアクネ菌と呼ばれている毛穴に潜む菌が繁殖してしまったことで白血球遊走因子を出してしまいます。
そして、このせいで炎症を強くしてしまうリンパ球やマクロファージなどを誘導してしまって炎症を起こしてしまいます。
炎症が起こると、毛包周辺にいる細胞が破壊されてしまい、免疫反応を起こしてしまいます。
免疫反応が起こると、その部分に細胞が集合しますので異物として反応してしまうことで治癒反応を起こすことになります。
このようなことが起こると、傷が付いた部分に集中して毛細血管が増えてしまうので、その部分だけ赤くなるという仕組みです。

それに、この課程で肌の奥底部分にまで炎症が起こっている肌のターンオーバーが大きく乱れてしまいます。
そうなれば、どれだけケアを行ったとしても中々赤みが消えないという状況になってしまいますので、しばらく赤みの状態が続きます。
このような状態が続くことは、見た目的にも悪いですし、それを隠そうとメイクして赤いのは隠せますが、凸凹した肌という印象になってしまいます。
メイクイを厚くすることは、肌に負担がかかることになりますので、こういった状態の時はできるだけメイクしないほうがいいでしょう。
しっかりとメイク落としを行ったとしても、炎症が起こっているところにメイクが多少残っているせいで悪化することもあります。
それに、余計に刺激してしまうこともありますので、肌をそれ以上悪化させたくないのなら、赤みを抑えるケアを行うことや美容皮膚科などで治療を受けるのが最適な方法になります。