疑問

大人になってからのニキビ

大人になってからのニキビは、思春期とは違って何度も同じところに繰り返し発生します。
思春期の頃は、顔全体に不規則で発生していたという人が多いのですが、大人になってからは特定の場所に発生することが多くなります。
どのような場所に発生するのかといえば、一番多いのは口や顎付近にできることです。
そして、ホルモンバランスが崩れやすい生理前などに限ってニキビが発生するということも起こります。
思春期の頃は、白ニキビで大きいものが顔に発生することが多かったと思いますが、大人になってからは小さなポツポツが繰り返しできるというものが多く発生します。
それに、思春期の頃は専用の薬を塗るとすぐに治っていましたが、大人になってからは治りがとても遅くなります。
このような症状は、大人になってからの独特な症状になります。では、思春期の頃と大人になってからは具体的にどのようなところに違いがあるのかを説明します。

思春期の頃は、皮脂分泌の激しいTゾーンと呼ばれている額から頬にかけて発生しやすいといわれています。
この頃は、体がまだ成長途中になりますので、ホルモンバランスが上手く調整できなくて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
皮脂分泌が過剰になってしまうと、そのせいで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの元となる菌が停滞しやすいのです。
ですが、これは専用の薬やしっかりと洗顔などを行って清潔な状態を保つことができれば完治することができます。

しかし、大人になってからは皮脂分泌もかかわっていますが、主な原因は古い角質が溜まっていることと肌が乾燥していることになります。
古い角質というのは、肌のターンオーバーが遅くなっていることで新しい角質が作れない状態になっています、
その為、古いものがどんどん溜まってしまい、毛穴を防いでしまうのが発症原因になります。
肌が乾燥していることも、ターンオーバーが遅くなっていることが原因です。
乾燥してしまったら、角質を厚くしてしまって硬くなります。そうなれば、余計に悪化してしまって改善することが中々できないという状態になります。
こういった状態になれば、毛穴にいる菌が繁殖してしまったせいで炎症が起こって大人ニキビができるということになります。

これらが起こることは、普段の生活が大きく影響しています。
普段の生活の他に、ストレスなども関わっていますので、どちらかがあると肌だけではなく体の健康も害してしまうということになります。