解決

治療で改善する

赤みのあるニキビを改善したい人は、皮膚科で治療することが即効性を期待できる方法になります。
美容皮膚科というのは、皮膚病と呼ばれているものだけではなくニキビなどの症状にも適切な治療を行ってくれます。
まだ軽度だと判断される症状に関しては、ケミカルピーリングやレーザーピーリングなどになります。

ケミカルピーリングというのは、古い角質を特殊や薬で除去して新しい角質を作る環境を整えます。
そうすることで肌のターンオーバーが正常になり、肌の血流も良くなりますので肌全体が健康的になります。
レーザーピーリングというのは、レーザーの波長を特定の出力に合わせて性質をよくします。そうすることで、赤みを改善できるように導いてくれます。
フォトフェイシャルは、レーザーとは違った光を利用します。これは、赤みの原因である毛細血管を収縮させることができますので、症状を軽くすることができます。
それに、一度の照射でも効果を実感できますので、気になる人はフォトフェイシャルを行うといいでしょう。

重度と診断された場合は、塗り薬を塗布したり、注射でニキビに有効な成分を直接注入する方法もあります。
最近では、肌のターンオーバーを促進できるというプラセンタ注射が人気です。
これは、ニキビだけではなく様々な肌のトラブルを改善することができますので、美肌効果も感じたいという人はプラセンタ注射がお勧めです。