ポーズを取る

綺麗な肌を保つには

赤みのあるニキビや繰り返し起こるのを防ぐ為には、肌を清潔に保つのが大事なことになります。
肌を清潔に保つことは、毎日のスキンケアが大事になります。
スキンケアというのは、肌の状態を整えて健康的で綺麗な肌を保つには欠かせない毎日の習慣になります。
しかし、しっかりとスキンケアを行っていてもすぐにニキビが出来たり、肌荒れが起こったりする人はケアの方法が間違っている可能性があります。
ですから、どのような方法でケアを行えばいいのかを紹介します。

肌の汚れを除去するのは、洗顔を行うことになります。
洗顔は、泡を付けることで毛穴などに詰まった汚れを除去することになりますが、この時にゴシゴシとこすったり、温度の高いお湯で洗ったりしている人はやめたほうがいいでしょう。
洗顔料の泡というのは、肌につけた時点で汚れを浮かす効果があります。その為、ゴシゴシと力強く洗ってしまうと浮かせた汚れが更に毛穴に入ってしまうということが起こります。
その為、一番いいのはきめ細かい泡とマッサージしながら洗うことです。そうすることで、肌の代謝も上昇させることができますので、健康的な肌を保ちやすくなります。
そして、泡を流す時はぬるま湯または水で行うのがいいでしょう。高い温度のお湯だと、毛穴の開きを更に悪化させてしまうので、ニキビが発生しやすくなります。
毛穴の開きを大きくしない為には、引き締めないといけないので熱いお湯で洗顔してしまった後は、冷たい濡れタオルなどで引き締めたほうがいいでしょう。

しかし、毛穴を引き締めるだけではニキビを改善することはできません。
一週間に一度だけでもいいので、蒸しタオルを顔につけてその後冷水で顔を洗うことを行ってみて下さい。
そうすれば、毛穴の汚れを除去しやすくなって、冷水で引き締めることができますので毛穴が小さくなります。
夏場であれば、頻繁に行ってもいいですが、冬場は寒いので一週間に一度できればやるというのを続けるだけでも効果を期待することができます。